助成事業一覧 ― Furtherance business List ―

奨学事業 (詳しくは「奨学事業」のページを参照)

◆貸与奨学金

国内の国公私立、大学院・大学・短大・高等専門学校及び専修学校専門課程に在学する学生に対して修学期間1年につき25万円までを貸与し、最高限度額は100万円まで。

イメージ

◆給付奨学金

道内に在住する高校生等(特別支援学校高等部等、高等専門学校、専修学校高等課程、3年制高等専修学校を含む)の1年生、及び中等教育学校後期課程(4年生)で、向学心に富み、家庭の事情等により経済的に厳しく、就学が困難と認められ、学校長の推薦を受けた生徒に対し30万円または15万円を給付します。

教育研究助成事業

◆教育研究論文助成

学校教育での研究実践論文を募集し、教育振興事業選考委員改(論文審査会)の議を経て、各賞を決定し、助成金を贈る。

※応募・申請はこちらのページから申請書をダウンロードし、事務局へ送付。

イメージ

◆教育研究実践校助成

全道の各地区で教育実践に継続して熱心に取り組み、実績をあげている幼・小・中・高等学校・特別支援学校に対し、5万円を助成する。

※小・中学校及び公立高校からの応募・申請はこちらのページから申請書をダウンロードし、事務局へ送付。

※今年度へき地学校教育支援事業を受けた学校は助成対象とならない。

◆へき地学校教育支援事業

交通条件及び自然的、文化的諸条件に恵まれない山間地、離島等に所在する学校の教育内容を充実することに寄与貢献することを目的として、「へき地教育振興法」に基づいた指定学校のうち、へき地等級2~5級の全ての学校を対象に、毎年48校ずつ、1校当たり5万円の助成を行う。

この事業は平成29年度~33年度に限定した事業で、平成29年度に実施した事前調査書をもとに、既に各年度の助成該当校が決定している

※今年度の該当校には、事務局から通知文書を発送します。

※事業概要・報告用紙はこちらのページを参照してください。

◆奨励金給付

児童・生徒の育成支援に寄与する学校教育、社会教育、芸術文化、スポーツ等の分野で有益な研究・活動を継続的に行っている組織・団体・グループを対象に奨励金を給付する。
平成30年度は、主に「奉仕活動」及び「学校教育に貢献する大学等の調査・学術研究」分野を中心に選考する。

※応募・申請はこちらのページから申請書をダウンロードし、事務局へ送付。

◆研究団体助成

全道に組織をもつ教育関係団体に助成金を贈呈する。

◆研究大会助成

道内に組織をもち、本会の認める教育団体が主催する学校教育の研究大会に対し、助成金を贈呈します。申請を希望する団体は研究大会開催前に事務局へ連絡し、申請方法等について確認する。

平成30年度助成額
 全道大会  3万円~5万円
 全国大会  5万円~8万円

◆教育事情視察研修助成

道内の教職員の中から、各種校長会、事務職員会より推薦を受けた教職員18名程度に対し、研修費として10万円以内を助成する。

◆研究集録の発行

特選を受賞した教育研究論文、教育事情視察研修報告書を研究集録に掲載し、道内の各学校に配付。

教育文化事業

■文化・芸術・スポーツ事業等への助成

◆校舎落成記念品贈呈

掛け時計・置き時計のいずれかを選択

◆学校図書助成事業(平成23年度より)

  • 学校図書館の蔵書の標準達成率が十分ではない学校(園)を中心に各校の希望に沿った図書を1校あたり20万円相当贈呈。
  • 図書の贈呈を受けたい学校は、本支部のホームページより申請書をダウンロードし、事務局へ送付。
  • 平成30年度は50校程度を予定。
  • ※募集要項・申請書はこちらのページから申請書をダウンロード。

イメージ

◆ブックパック(平成27年度より)

  • 北海道支部の指定した書籍パック(5万円相当)の中から希望するセットを贈呈。
  • 図書の贈呈を受けたい学校は、本支部のホームページから希望するセットを選び、ダウンロードした申請書に必要事項を記入して事務局に送付。
  • 平成30年度は90校程度を予定。

※募集要項・申請書はこちらのページから申請書をダウンロードしてください。

◆スポーツパック(試行)

  • 北海道支部の指定したスポーツ用品パック(5万円相当)の中から希望するセットを贈呈。
  • スポーツ用品の贈呈を受けたい学校は、本支部のホームページから希望するセットを選び、ダウンロードした申請書に必要事項を記入して事務局に送付。
  • 平成30年度は40校程度を予定。

※申請期間:平成30年4月1日~7月19日

※募集要項・申請書はこちらのページから申請書をダウンロードしてください。

◆アスリート先生179(試行二次)

  • スポーツアスリートを学校等に派遣し、「アスリート先生179」スポーツ教室を開催する。
  • 講師(アスリート)はA-bank北海道から派遣し、講師派遣に係る経費は北海道支部が負担する。
  • 平成30年度は4会場を予定。

※申請期間:平成30年3月15日~4月30日

※募集要項・申請書はこちらのページから申請書をダウンロードしてください。

福祉事業

◆指定宿泊施設利用補助

  • 北海道支部会員及び配偶者(含む同居の両親・子ども)は、年度内延べ10泊まで利用可能。1泊につき、会員は2,000円、家族は1,000円の補助。
  • 北海道支部準会員及び配偶者(含む同居の両親・子ども)は、年度内延べ3泊まで利用可能。1泊につき、準会員は2,000円、家族は1,000円の補助。
  • 利用券の申請は1週間前までにご本人が行うことが原則。
イメージ

◆結婚祝いの贈呈

  • 結婚祝いとして道支部会員一人につき8,000円を贈呈。
  • 申請書には、結婚を証明できるもの(戸籍抄本、婚姻届受理証明書等)の写しの添付、または申請書に所属長の証印を受け、結婚後6か月以内に事務局へ提出。

※申請はご本人が行うことが原則です。

◆出産祝いの贈呈

  • 道支部会員のお子様一人につき出産祝いとして8,000円を贈呈。
  • 申請書には、出産を証明できるもの(母子手帳の出生届出済証明ページ等)の写しの添付、または申請書に所属長の証印を受け、出産後6か月以内に事務局へ提出。

※申請はご本人が行うことが原則です。

◆高校入学祝いの贈呈

  • 道支部会員のお子様が国内の高等学校や特別支援学校高等部等、高等専門学校に入学した場合(中等教育学校の後期課程《4年生》進級を含む)、子ども一人に付き8,000円の図書カードを贈呈。
  • 申請書には、入学を証明できるもの(生徒手帳(身分証明のページ)、在学証明書等)の写しの添付、または申請書に所属長の証印を受けて、平成30年4月10日より9月30日までの期間に事務局へ提出。

※申請はご本人が行うことが原則です。

◆入院見舞の贈呈

  • 会員が連続7日以上入院した場合、年度内に1回に限り8,000円の見舞金を贈呈。
  • 申請書には、7日以上の入院を証明できるものの写し(領収書のコピー等)の添付、または申請書に所属長の証印を受け、退院後6か月以内に事務局へ提出。

※申請はご本人が行うことが原則です。

イメージ

◆人間ドック受診料補助

  • 道支部会員が下記の期間に人間ドックを受診した場合、年度内1回に限り5,000円を補助。
    1. 受診時、年齢51歳以上61歳以下の道支部会員で、受診期間が平成29年12月1日~平成30年11月30日。
    2. 申請期間、平成30年6月1日~平成30年12月31日 ※当日消印有効
    3. 平成30年度は440名に助成。申請者多数の場合、抽選となる。
  • 申請書に必要事項を記入し、領収書の写しを添付して事務局へ提出。
  • 平成30年度の申請書は、5月1日からダウンロードできます。

※受診日が平成30年12月1日以降の場合は、平成31年度に申請できます。

◆海外研修視察助成

  • 会員が、研修を目的に、出国日・帰国日を含む8日以上の海外研修を行った場合には、年度内1回10,000円を助成。
  • 申請書の提出にあたっては、研修内容のわかる日程表とパスポートの写し(出・帰国日、及び本人が確認できるページ)を添付し、帰国後6か月以内に事務局に提出。
イメージ

◆満60歳健康祝いの贈呈(試行)

  • 道支部会員として60歳の誕生日を迎えたことを祝い、健康づくりに寄与するために8,000円を贈呈する。
  1. 昭和33年4月2日以降に生まれた道支部会員
  2. 満60歳の誕生日に1年間以上道支部会員であること

※申請期間は満60歳の誕生日から満61歳の誕生日前日まで。

  • 助成事業一覧
  • 指定宿泊施設一覧
  • ダウンロード

Information   ご案内

公益財団法人
日本教育公務員弘済会北海道支部

〒060-0061
札幌市中央区南1条西8丁目1-1
クリスタルタワー12階

お問合わせ電話番号